食べ歩きのブログです。2015年4月をもちまして、ブログを移転しております。こちらはメンテナンスモードとなっております。詳しくはこの下をごらんください。


by マルル一等兵
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

炙ったチャーシューが良い香り。こってりつるつるで新規開店。 北千住 ラーメン炙り

今月、北千住に新しいラーメン屋さんが開店しました。
場所は北千住西口。
宿場町通りを土手方面へ歩いて行き、ミニストップを左に。
ちょっと行った、左側です。
以前レポした「カフェダイニングバー SOL」さんと同じ建物です。
1階がこのラーメン屋さんになったんですね。
「ラーメン 炙り」さん。
b0098884_22521886.jpg

実はオープン初日に行ったのですが、そりゃもー、列んでいたので諦め、落ち着いた頃に再挑戦となったわけです。

この日は、平日のお昼時に伺いました。

店内はカウンターのみ。

入店時に食券を購入します。

メニューは至ってシンプルな構成。
b0098884_22522376.jpg


つけ麺、辛つけ麺、ラーメン、辛ラーメン。
それに、それぞれ特製バージョンがあって、全部で8種。

シンプルなのが、いいですね。

我が輩は、今回は、ベーシックに「つけ麺」(750円)を購入。

食券を渡して、待ちましょう。(^^)

カウンターの目の前には、こんな説明が。
b0098884_2252214.jpg


なるほど、なるほど。
昨今、よくみかける、豚骨魚スープなんですね。
たのしみ、たのしみ。

麺が太麺なので、ゆでるのにちょっと時間がかかります。

できましたよぉー。

こちらね。
b0098884_22522556.jpg


(^^)
よく見かける、この手のオーソドックスな感じ。

スープのアップをポン!
b0098884_22523270.jpg


「いりこの粉」が乗っています。

麺のアップをポン!
b0098884_22523062.jpg


あらぁ〜、ちゅるっとしてそう。
なめらかっぽいね。

では、いただきましょうかね。

(^0^)

おう。
いい感じ。
豚骨のこってりと、魚系のあっさりが、いい具合に混ざってます。
麺が太麺なので、ちょっと濃いめのスープによく絡むね。
見た目通りになめらかで、ちゅるちゅるだい!

それから、炙ったチャーシューが2枚半入っています。
炙って焦げ目がついているチャーシューって、美味しいね。
香ばしさと脂身の溶け出した感が、美味しい。
b0098884_22542463.jpg


ラーメンやつけ麺は好みなので、なかなか表現しづらいですが、我が輩は好きな味です。
それに、お店自体も気取ってないしね。

よくあるじゃない。
「こんなにこだわってラーメンつくってます!!」風なことが書かれていたり、そんな雰囲気がムンムンだったり。
そうすると、こっちとしては、緊張しちゃうんだよね。
「美味しいのはわかったから、気楽にたべさせてよぉ〜」って思っちゃう。

「炙り」っていう店名と炙ったチャーシューで、お店のコンセプトは納得。
味も、それを引き立たせるような味で、出しゃばってなくて、いい感じです。
バランスがいいね。

お値段も、ちょうど良い。

いや、なんだかんだ言っても、美味しかったもん。
ごちそうさまでした。

順位は? ー>人気ブログランキングへ


おみせでーた
ラーメン 炙り
東京都足立区千住3-55
03-3870-1277
11時〜15時  17時〜20時



↓↓ ☆ブログランキングのクリックお願いします ↓↓
人気ブログランキング(食べ歩きの部)エントリー中!めざせ上位!

ラーメン 炙り ( 北千住 / つけ麺 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ラーメン炙り つけ麺 / 北千住駅小菅駅

昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
Commented by むねこ at 2011-04-20 11:22 x
ずっと気になっていました~!アップ待ってました~!(^-^)麺がうどんみたいに見えます~、太い!麺が多く見えますが、普通盛りですか~?あと、こちらの近くのつい最近できたお店も気になっています。
Commented by maruruittouhei at 2011-04-20 19:37
>むねこさん
コメントありがとうございます。
麺は太麺でしたよ。量は普通盛りですが、250gあるそうです。
女性の方でしたら、少なめもできるそうです。
でも、ワタクシ、大盛でも良かったっす。
近くのお店も行ったんですが、ちょっともう一度、行ってみます。
by maruruittouhei | 2011-04-18 22:55 | グルメ | Comments(2)